ハッスルおばあちゃんのアルゼンチン日記


by ruriwada

瑠璃通信51、肉が消えた

 3月24日、成田を発ち、ワシントンDCまで12時間。ワシントン空港で7時間待って又、ブエノスアイレスまで12時間。毎度のことだが、つくづくうんざりするし、疲れる。
今回はフライトの方はスムーズにいった。でもワシントンの入管でトラブル。「入国の目的は?」と聞かれ、「トランスファーです」と答えると、「それで住んでるのはアルゼンチン?」「はい」「スペイン語はなせるか?」「ポキート」と、話はにこやかにすすんでいたのだが、指紋チェックがすむと、「これを持ってあの部屋に行って下さい」と、パスポートをはさんだファイル(Bと書いてあった)を渡された。部屋の入り口を見ると「SUSPECTION・・」とある。
え?うそ!何でこの私が怪しまれるの?もしかして南米と日本を行ったり来たりしてるから、麻薬の運び屋と疑われたのかなあ?それともテロリスト?
部屋には数人が待っていて、一組の男女はずいぶん長く調べられている様子。ドギマギしながら待っていると名前を呼ばれた。係官は指紋を又とると、「OK、サンキュー。そのドアから出てください」
なーんだ。ほっとしたような、がっかりしたような。推理小説マニアの私としては、せっかくのサスペンスのチャンスだったのに・・
もっとも待ち時間が有り余っていたから、こんなのん気なことを考えておれたのだが。
ブエノスアイレスに無事到着。税関もフリーパス。迎えに来てくれた夫と共にタクシーでアパートに着くと、入り口そばの肉屋に長蛇の列。この肉屋はいつも大繁盛だが、今日は特別多いし、ショーケースの中はほとんど空っぽ。
家に入ってしばらくすると友人から電話が来た。「精肉業界のストが明日から始まる。当分肉が手に入らないから、売り切れないうちに買っておいたほうが良い」とのこと。
肉屋に行くと相変わらず長蛇の列だ。あきらめて並ぶのを止め、しばらくしてから店を覗くと、3人しか居なくて、豚肉だけが残っていたので1キロ買った。アルゼンチン人て豚肉食べる人少ないんだね。
夜、アパート前の花屋のルイスお勧めのレストランで食事。「肉はあるの?」と聞くと、「今日はある。明日からない」とのこと。レストラン業界は痛手だろう。
アルゼンチンではデモ行進やストは日常茶飯事だが、肉中心のお国で肉が手に入らないとなったら、一大事だ。
f0135018_2435758.jpg

       アパート隣の肉屋の店員さん達と。パーティ行くためにユカタを着て通りかかった        ら、写真をせがまれ、記念撮影
f0135018_2493544.jpg

        我が家のベランダ(外壁の塗り替え中)から見たブエノスアイレス名物のデモ風景
       
by ruriwada | 2008-03-28 02:56 | Comments(0)