ハッスルおばあちゃんのアルゼンチン日記


by ruriwada

瑠璃通信2部 179 夫のサイン会

9月14日(水)
水曜日に日本語を習いに来ているIさんからランチに招待され、ビセンテ・ロペスのご自宅へ伺う。バスは152番か130番。130番はうちのアパート前を通るのだが、行き先が3方面あってややこしい。152番は1キロ程歩くが、全部同じルートだし本数が多いので152番にした。
サンマルティン広場から乗ったが、約1時間の距離で、料金がたったの1ペソ70センタボ(30円)だって。
「え?そんなに安いの?」と思わず言ってしまったら、運転手が苦笑い。市内が空いていたので45分で着いた。ここまで来ると、さすが田舎町風だ。Iさん夫婦は普段は同じビセンテロペスのマンションに住んでいるが、ここは奥さんの実家。先年一人住まいをしていたお母さんが90才で亡くなり、今は20代の娘さんが一人で住んでいる。
日系1世の典型的住居と言うので興味深い。ウナギの寝床の様な縦長の敷地に30坪ほどの前庭、4LDKの平屋だが、裏庭に階段があり屋上も使えるようになっている。裏庭はかなり広く、アサド用の炉や流しがあってパーティが出来るようになっている。庭の一番奥の、裏の家との境は全面、部屋付き物置きだ。
2度強盗に入られた事があるそうだ。アルゼンチンで知り合った、一戸建て住宅住まいの人達のほぼ全員が強盗に入られた事があると言う。
f0135018_7101767.jpg

                                   ビセンテ・ロペスのIさん宅
美味しいチキンのミラネサをご馳走になって3時半に辞去。4時半からラジオパレルモに夫が生出演する事になっているので、又152番のバスに乗り、カビルドの地下鉄カランサ駅前で下車。数百メートル歩いてラジオ局に丁度4時半に着いた。
夫が最近、環境教育用の本を出版(勿論、日本語で書いたのを通訳のリサがスペイン語に翻訳してくれた)したので、夫にインタビュー依頼があったのだ。夫は昨年も出演した事があり、2度目だ。
無事放送を終えて、帰りは上司のアナさんにプラサイタリアまで車で送ってもらい、そこからバスで帰った。
f0135018_7114611.jpg

                                夫がラジオ・パレルモに生出演
9月15日(木)
日本文化センターで夫の本の出版記念講演。70名ほど聴きに来られたので感激した。終了後に本へのサイン会(本は勿論無料だが)。夫は最初恥ずかしがって断ったが、周囲から再三催促されて照れくさそうに応じた。何しろサインなどするのは生まれて初めての経験なのだ。
ほぼ全員が並んで順番に本にサインを求めるのにはびっくり。夫の人生最高の出来事だろう。私も何やら有名人の奥さんになった気分をちょっぴり味わった。
f0135018_7133850.jpg

                                        本へのサイン会
9月16日(金)
今日は私の最後のパレルモレディースだ。ベルグラーノのメンドーサ通りのアルゼンチン料理店「1810 Cocina regional Argentina」
エンパナダもウミタもロクロも皆とても美味しかった。それに安い。お湯沸かし器が壊れたとかで、コーヒー、紅茶が作れないと言う、いかにもアルゼンチン的おまけつき。
パレルモレディースの皆さんには4年間、本当に美味しいアルゼンチンを堪能させて頂いた。最もメンバーはほとんど入れ替わっているが。
by ruriwada | 2011-09-23 07:15 | Comments(0)