ハッスルおばあちゃんのアルゼンチン日記


by ruriwada

瑠璃通信2部 178 バス事故

9月10日(土)
日本語と日本料理を教えてきた生徒さん達7人とその友人1人がアサドに招待して下さった。ロドリゲス通りの、コルドバ通り近くにあるパリジャ店で美味しいアサド(焼き肉)をたらふくご馳走になる。
ASAR とは直火で焼くこと。チョリソー(巨大ソーセージ)、牛の臓物、牛肉、ブタ肉、鶏肉などの直火焼きを盛り合わせた物がパリジャ。網焼きがパリジャ、炭火の周りに肉を棒に刺して立てて焼くのがアサド、と言う人もいる。
勿論メインは普通牛肉だが、子豚や子羊の丸焼きの時もある。
f0135018_965684.jpg

9月13日(火)
朝からコレクティボ(市内バス)と列車2台の衝突のニュース。何番のバスだろう?えー、92番だって?私がセントロ日系に行くため毎週乗ってるやつじゃん。やっぱりなー。
バスの運転の乱暴さ、おしゃべりに熱中してのわき見運転にいつもヒヤヒヤさせられて、いつかは事故るんじゃないか思ってたんだ。
ところが人に話を聞くうち、運転手のせいではないと分かった。
衝突現場の踏切の遮断機は45度までしか下りず、信号は年中故障。列車が来なくても赤のままだから、ドライバー達は信号が赤でも左右を見て渡っていたんだって。おまけに最近そばで工事を始めたので視界が遮られ、列車の来るのが見えない。
この日は交通整理がいたが、事故の10分前にどこかへ行ってしまったらしい。バスは直前をタクシーが渡ったのでその後に続いて踏切に入ったようだ。車体が半分入った時点で列車が来て衝突、運悪く反対線にも列車が来たから、大勢の死傷者を出す大惨事となってしまった。
鉄道会社は怠慢、交通整理は無責任、運転手は信号無視・・まったくあきれてしまう。さらにこの二日後、今度はバス2台とミキサー車が衝突した。何おか言わんや。

さて、火曜はマキシとの交換授業。終了後ラバジェに土産を買いに行く。コロン劇場そばの職場へ戻るマキシと乗るバスが同じなので一緒に家を出る。マキシは「私の歩き方は早すぎますか?大丈夫ですか?」としきりに気を使ってくれる。おまけに私のバス代まで払ってくれた。ルンルン気分。
観光客のメッカ、フロリダ通りと交差する歩行者天国のラバジェはフロリダ通りに比べて物価が安いが、ここでも土産物品は値段がこの前来た時の倍になっていた。
f0135018_9875.jpg

                     サンマルティン広場を通ったら、綺麗なオブジェが沢山並んでいた。
by ruriwada | 2011-09-20 09:09 | Comments(0)