ハッスルおばあちゃんのアルゼンチン日記


by ruriwada

瑠璃通信2部 174 エンパナダ

8月27日(土)
来月27日には私達の帰国が決まっているので、今日は日本語クラスの最終日だ。来月はレストランでアサドのお別れ会をして下さるそうだ。4年間のアルゼンチン滞在もあっという間に過ぎてしまった。
スペイン語もタンゴもいまいちなのが悔しい。なんせ日本語だって片っ端から忘れて行くと言うのに、新しい事を覚えようってのがどだい無理なのだ。
8月29日(月)
今月のセイボ会はエンパナダ作り。アルゼンチンに4年も住んでいて、1品もアルゼンチン料理の作り方を知らないでは女がすたる。え?元女だろうって?・・ほっとけ。
てな訳で、何をおいても参加した。プロのコックさんはやはり全てが流れるように手際が良い。ひき肉、トウモロコシ、ホーレン草とチーズの3種の作り方を教えて頂いた。皮の作り方から教えてもらったので、日本に帰ってからも作れそうだ。
練った粉を寝かす時間がないので、コックさんがすでに作ったのを後で食べさせて頂いたが、美味しいー!
1時45分頃終了と同時に、タンゴクラスのkさんとの待ち合わせ場所へ急ぎ、バスで一緒にセントロ日系へ向かう。朝8時半に家を出て2時間半立ちっぱなし、合計3キロ歩き、タンゴを1時間半踊り、スペイン語を終えて帰宅したのが夜の7時半。
さすがに疲労困憊。ベッドに入ったとたん両足ともケイレンを起こし、膝下枕も効き目がなく、とうとう鎮痛剤を飲んだ。楽あれば苦あり。自分の年を忘れて、つい無茶をしてしまうのだ。
f0135018_20533342.jpg

           エンパナダは普通は餃子型だが饅頭型もある
ところで、こちらからメールを出さぬ限り、自分からは寄こさぬ息子から珍しくメールが来た。
「断食したけど、ちゃんと本読んで実行したから心配しないで」・・なぬ?
あわてて息子のツイッターを覗くと、80時間断食したと書いてある。最後の日は膝から崩れ折れた、だと?・・・・なんちゅうアホや。
息子は私がツイッターを盗み見してるのを知って、怒られる前に先手を打ってきたらしい。
この母にして、この子あり、か。これじゃ嫁さんが来んはずじゃ。
f0135018_20552717.jpg

        街角風景。チャカリタ墓地入口周辺には花屋が並んでいる
by ruriwada | 2011-09-05 20:56 | Comments(0)