ハッスルおばあちゃんのアルゼンチン日記


by ruriwada

瑠璃通信2部 143 シシカバブ

4月23日
今日は土曜日。いつもなら中華街へ買い物に行くのだが、月曜から夫がサンルイス州へ8日間の出張だから、買出しに行く必要がない。そこで代わりにアバストデパートへCDを買いに行く事にした。
アルゼンチンの有名歌手の歌を集め、「GANNBARE」とタイトルをつけて、ソニーから日本支援のCDを売り出しているのだ。
f0135018_80401.jpg

                  日本支援のCD
ブエノスアイレス市内にはいくつかのショッピングモールがある。リベルタドールとポサダの間のブルリッチ、サンタフェ通りとブルネス角のアルトパレルモ、フロリダ通りのガレリアパシフィコ。どれも近代的なショッピングモールだ。
アバストはモールと言うより日本のデパートに近く、100メートル四方の全区画を占める、市内最大の規模で、階上には遊園地もある。場所は地下鉄B線のカルロス・ガルデロのそばだ。
ここのフードコートで中華料理を食べたあと、フードコート内を一周するとアラビア料理店があり、シシカバブが4本グルグル回って火に炙られている。豚肉、牛肉、鶏、子羊・・え?豚?イスラム教では豚は食べないはずでは?
イスラム教徒が見たらびっくり仰天するかもね。
f0135018_7455556.jpg

               アバストの外観(カマボコ型の屋根)
f0135018_7465660.jpg
f0135018_7475382.jpg

                     アバスト内部           
f0135018_7491524.jpg

              シシカバブ。左から豚肉、牛肉、鶏肉、ラム
4月24日
すっかり風邪を引いてしまった。先日のミロンガでの夜遊びがたたったらしい。ミロンガと言えば、私は2時ごろ帰宅、残りの日本人メンバーも2時には店を出たそうだが、アルゼンチン人の青年はその後、別のミロンガへハシゴしたらしい。全くタフだ。
今日はスペイン語はお休み。先生が語学の先生達の指導に出かけてしまったのだ。彼女はブラジルへも時々教えに行く。アルゼンチンの資格で他のメルコスル加入国で相互に教える事が出来るのだそうだ。
タンゴは男性3人女性3人だったので、ずっと踊り続けで、風邪気味の体には応えた。あー、年は取りたくないねえ。
夫は夜9時レティロ発の夜行バスでサンルイス州のメルローへ8日間の出張。せっかく鬼のいぬ間のせんたくなのに、寝てるしかないなんてー
4月25日
今日は一日中7月9日通りでストをやっている。テレビでは外見はインディオの人達が、土地を返せとか言ってるようだ。やっと60番のバスのストが終わったと思ったのに。この国でストをやらない日なんてあるのかなあ。
by ruriwada | 2011-04-27 07:54 | Comments(0)