ハッスルおばあちゃんのアルゼンチン日記


by ruriwada

瑠璃通信2部 107 コロン劇場

10月10日。今月のセイボ会はコロン劇場のリハーサル見学。
コロン劇場は世界3大劇場の一つに数えられている、アルゼンチンの誇りだ。前回私が滞在中に改装工事が始まり、今年建国200年祭(ビセンテナリオ)に合わせて新装オープン。一度は行ってみたいと思っていたのだが、普通は開幕が夜遅いので、早寝の夫が嫌がるので行けないでいた。今回、セイボ会でリハーサルを見学出来る事になり、開始時間も4時と早いので渡りに船。
夫も来たがったが、申込先着25名と言う事で、会員限定となり、夫はダメ。ざーんねんでした。

早く着いたので、ぶらぶら周辺の建物の写真を撮っていたら、目つきの鋭い中年男性2人が話しかけて来た。ん?どうも怪しいやつらだ。と、空を指差して「リンド(美しい)」
空を見上げるとほんとだ。雲一つない青空だ。思わず、「シー」と答えると、
「中国人か?韓国人か?」と畳みかけて聞く。「日本人だ」と答えると、「日本はアルゼンチンとは深い関係がある」と、日本についてあれこれ話し始めた。
こういう手合いが危ないんだよね。日本びいきを称するタクシー運転手に、何度か料金を吹っ掛けられたことがあるからね。警戒しながら観察すると、上着の胸に見た事のあるマークがついてる。
「これは何?」と聞くと「ポリス」だって。なーんだ、二人とも警官だった。
f0135018_2344016.jpg

                         話好きのお巡りさん達(どうみてもおまわりさんには見えないよね)
コロン劇場の前にセイボ会の人達が見えたので、話好きのおまわりさん達に別れを告げて戻ったが、Nさんに「おまわりさんにつかまっちゃって」と言ったら「え?」「おしゃべりの」「何だもう。びっくりするじゃん」
アルゼンチンにしては珍しく、ほぼ時間通りに開場。リベルタード側にある正面階段を入るとそこは別世界。映画で見た、ヨーロッパ社交界の雰囲気を思わせる豪華絢爛な内装だ。階段を上がると、片側にドアがずらりと並び、係りの女性が6人づつ中に入れる。
劇場は馬蹄形になっていて、2階から6階までがボックス席。見回して知人の顔を探し、互いの近況を確認したり、ゴシップのネタを探す社交の場でもあるのだそうだ。
f0135018_23445652.jpg

7階は格安の立ち見席だが、ここが一番音響効果が良いそうで、「パライソ(天国)」と呼ばれている。
舞台の対面2階はVIP用。新装オープニングの時にはマクリー市長が外国の大統領とここで観劇したそうだ。クリスティーナ大統領はマクリーとケンカをしてるので出席しなかった。
舞台の袖の所に格子付きのボックス席があり、昔は喪中の未亡人はここで見たのだそうだ。一説では密会用にも使われた(今でも)とか。いかにもラテンの国らしい話だね。
今日はリハーサルだが、2演目あり、後半のオペラのヒロイン役は日本人だ。地球の反対側の世界で活躍している若い日本人を見るのは嬉しい。いつの間にか、私も愛国者?
f0135018_2346154.jpg

幕間に他の部屋を案内して頂いた。VIP用の控えの間は「黄金の間」と呼ばれ、天井も壁も、彫刻を施した柱も全て金箔が貼ってあるから、まさにキンキンピカピカ。天井からはシャンデリアがずらりと並び、まるでベルサイユ宮殿・・・本当はまだ行ったことがない。椅子も王朝風の豪華なものだ。
f0135018_2347498.jpg

                               黄金の間
f0135018_23481693.jpg

         これで私も上流階級の仲間入り・・え?それにしては品がないって?失礼な。
地下は2階あり、舞台で使う小道具や衣装は全てここで作られるそうだ。7時半に終了。一緒に見ていたNさん達は皆ベルグラーノに住んでいて、私とは逆方向だ。一人でトイレに行って戻ったら、もう知人は誰もいなかったので、一目散に歩いて家に帰った。途中までは人通りがありほっとしたが、アルベアル通りの辺りから人通りが途絶え、こわいので1キロ程はほとんど駆け足。そのせいで夜中に足が釣って、膝の下に枕を敷いても治らないので、とうとう鎮痛剤を飲む羽目に。まさに楽あれば苦あり。
ところで、後日聞いたところによると、Nさん達は楽屋を案内してもらっていたのだそうだ・・残念無念、グスングスン。
Commented by よいこ at 2010-11-03 18:20 x
 
 素敵ですね。テアトロコロンの見学いいですね。
6月に チリのバレーをみにコロンに行ったのですが、本当に きれいでした。

 1キロも 走るなんて すごいです。
Commented by ruriwada at 2010-11-04 18:00
イベント終了後はタクシーはなかなかつかまらないし、たとえ乗れても近場なので運転手に嫌味を言われるしと思い、歩いたのですが、暗くなってからの一人歩きはやはり怖いです。レコレタ地区にも路上で寝ている人が確実に増えているのです。
by ruriwada | 2010-10-29 23:52 | Comments(2)