ハッスルおばあちゃんのアルゼンチン日記


by ruriwada

瑠璃通信2部 106 花祭りとピロポ

10月5日、エスコバルに住む日系人のKさんから花祭りへのご招待。ブエノスアイレス市から60kmのエスコバル市には花木栽培の日系人が多く住んでいて、毎年9月下旬から10月上旬にかけて花祭りを行っている。
私達は毎年、茨城県人会会長であるkさんから招待され、見るのは今年で3回目だが、いつも大盛況だ。今回は新しく茨城県人会に入会されたYさん夫婦もご一緒。平日なのでYさん宅でY氏の帰宅を待って、Kさんの車でエスコバルへ向かう。
普段なら1時間はかからないのだが、途中、事故渋滞に巻き込まれ、花祭り会場に着いたのはゲートが閉まる7時の20分前だった。
f0135018_22404417.jpg

                                  メイン会場入り口には満開のフジの花
ほとんど早足で見て回ったが、出口に向かう頃には会場の大半のライトが消され、夜桜ならぬ、夜花見学となった。表に出るとすでにゲートには鍵がかかっていて出られない。Kさんがガードマンを探して来てやっと出してもらった。
f0135018_2241521.jpg
f0135018_22423287.jpg
f0135018_2242577.jpg

                           カラフルなカラー。全部、自然の色だって・・ほんとかなあ?
その後、Kさんの家で奥様手作りの美味しいエンパナダとピザを御馳走になる。Kさん宅の庭は1,000坪以上あり、敷地内に、母屋、娘さん一家の別棟、パーティハウス、趣味のための工作小屋、2LDKのゲストハウス、プールなどが点在している。
広大な庭には八重桜が満開で、Kさんが私達とY夫婦に一枝づつ折って下さった。アパートに帰ったのは真夜中12時。ポルテーロ(管理人)が「どこへ行って来た?」と聞くから「エスコバル」と答えると、「ああ、花祭り。きれいだろう」とにっこり。
それから私に向かい「花もきれいだけど、あなたの方がずっときれいだ」ときた。
「ありがとう」と言うと、今度は英語で「You are beautiful」だって。でへへへ・・
こう言うのを、アルゼンチンではピロポって言うんだよ。うちのアパートには常勤のポルテーロは3人いるけど、このうち2人がよくピロポをやるんで、遊びに来た女性達は皆、にやにやしながら入って来る。
いくつになっても、男性から、「きれいだ」って言われたら嬉しいもんネー。うちの亭主なんか、間違っても言っちゃくれないし・・
f0135018_22434718.jpg

    花祭り会場にあった等身大の菊人形。私はこれよりはまし・・・・え?うぬぼれるなって?ごめんなさい
ところで、この数日後、Kさん宅に強盗が入ったそうだ。Kさんの話では、台所で仕事をしていた奥さんの口を背後から手で押さえ、包丁を取り上げて、その包丁で奥さんを脅しながらKさんに現金を出させ、他にもパソコンとケータイを奪って行ったと言う。
一見のどかそうな田舎だが、やはり豪邸は狙われやすいようだ。
同じ敷地内に住む4人のお孫さん達が年中出入りしているので、この子たちに怪我がなかったのが不幸中の幸いだ。
Commented by よいこ at 2010-10-25 19:30 x
 花祭り いいですよね。わたしもプラザイタリアから高級バス 9ペソでいったんですが、込んでいてやはり帰りは12時近くでした。

 ピロポ たのしいですね。日本では考えられませんよね。ほめられるとやはりうれしいですよ。

 本当に泥棒がはいるんですね。けががなくてよかったですね。
Commented by ruriwada at 2010-10-27 06:23
本当にピロポには思わず笑ってしまいます。おばちゃん達にピロポやっても何のメリットもなさそうなのに、良くやるーって感じです。
by ruriwada | 2010-10-22 22:51 | Comments(2)