ハッスルおばあちゃんのアルゼンチン日記


by ruriwada

瑠璃通信2部 72 気球

5月28日(金曜)の夕方、ふと外を見ると、前の公園に4個の気球が上がっている。好奇心の塊の私は早速カメラを持って10階からエレベーターに飛び乗った。と、夫が「まてまて、俺も行く」
2人で気球のそばまで行って見物した。
f0135018_2151447.jpg

                     部屋の窓から気球が見えた
気球にはどれも一人か二人が乗っていて、火が噴き出すと数メートル上がるが、それ以上は上がらないようにロープでつないである。一つは威勢よく炎だけは上がるが、肝心の気球は一向に上がらない。
イグアスの滝のあるミシオネス州の観光プロモーションで、明日、明後日の土日にイベントを行う準備だそうだ。イベントガールは美人揃いで愛想がいい。イグアスに行った事があると言うと、嬉しそうに「きれいでしょう。友達にも教えて下さい」となかなかに商売熱心だ。渡された用紙にサインしたら絵葉書とパンフレットの入ったバカでかいバッグをくれた。
夫は鼻の下をのばして国際親善に大わらわ。スペイン語の苦手な夫だが、美女と話すチャンスがあると何故か急に舌が滑らかになるのだ。もっとも、それが相手に通じているかどうかは不明・・・
f0135018_21525253.jpg

                     一番手前のはとうとう上がらなかった
f0135018_21532651.jpg

                     おー、上がった上がった
翌朝は大雨。気球は昨夜のうちに片づけたのか見えない。雨は終日続き、夜にはテントもたたんでしまった。ブエノスアイレスから約1,500㎞もの遠路はるばるトラックでやって来たのに気の毒だ。
日曜は晴れたが、公園は水だらけだし、風が強い。とうとう気球を上げるのはあきらめて帰って行ったようだ。
f0135018_2154543.jpg

この大きなトレーラーで12時間位かけてミシオネスからやって来たのだろう
ところで、ブエノスアイレから車で約1時間のピラールでは、気球旅行をさせてくれるそうだ。古い映画「80日間世界一周」のような訳にはいかないけど、町の上空を一回りするらしい。高所恐怖症の私には無理かも知れないけど、一度は乗ってみたいなあ。
Commented by よいこ at 2010-06-03 06:41 x
 気球が家から見えて、ハッスルさんが出かけようとすると「待て待て俺も行く」と言うのが最高です。気球より楽しいです。
 日本は 鳩山さんが辞任で小澤さんもやめるのでその話で持ちきりです。
Commented by ruriwada at 2010-06-03 18:20
ハハハ。夫唱婦随ならぬ婦唱夫随の家庭の事情がバレてしまいましたね。これからサンタフェ州のロサリオへ一泊(夫の出張に同行)で出かけるところです。よいこさんはそろそろアルゼンチンへ出発でしょう?
by ruriwada | 2010-06-02 21:59 | Comments(2)