ハッスルおばあちゃんのアルゼンチン日記


by ruriwada

<   2013年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

一昨年9月30日に帰国し、車を受け取って家に着いて呆然! 駐車場は人の背丈ほどの雑草が生い茂っている。道路に放置する訳にはいかないから、えいままよ、と雑草の中へバリバリ音を立てながら車を乗り入れた。
3月の一時帰国中に大地震に遭い、何もかもほったらかしにしてアルゼンチンに逃げて行ったままの家の中はメチャメチャ。
翌日からはしゃかりきで家中の片付けとゴミ出し。ガラスや陶器の破片は片付けても片付けても、思わぬ所から出て来る。1ヶ月半かけて家の中がどうやら片付いたので、12月の中旬には夫と二人で台北、花蓮、高尾を巡る台湾1周5日間の旅行をした。
太魯閣峡谷の茶店でハチミツ入りハーブティを飲んだのは良いが、口がいやしい夫は出されたハチミツを1瓶全部飲み干した。しばらくして、峡谷の絶景に見とれていると突然背後で夫の悲鳴が聞こえた。びっくりして振り向くと夫の鼻に蜂が1匹停まり、他にも数匹の蜂が夫の顔の周りを飛び回っているではないか。
夫は「たたくと刺される」と鼻の上の蜂を見ながら顔をゆがめて半べそ。ガイドさんはゲラゲラ笑いながら「この顔の写真を撮ったら」
さすが妻としては、夫が鼻を刺されたら可哀そうなのでカメラを向ける気にはなれなかった。私が手で静かに何度か振り払うと蜂はやっと離れたが、その後数分間も夫の後をついて回っていた。ハチミツが口の周りについていて、鼻を花と勘違いしたのだろう。
写真を撮っておけば良かったなー!

正月には三浦半島と房総半島を巡る2日間のドライブ旅行をした。土浦桜インタから常磐高速で柏まで行き、柏から一般道の16号をまっすぐ木更津まで行き、ここからアクアラインを走り、海ボタルで朝食。前から一度は走って見たいと思っていたアクアラインを走れて嬉しかった。海ホタルも早朝だったせいか閑散としていて、海も穏やかで360度のパノラマを満喫できた。その後三浦半島に渡り、三崎漁業組合直営レストランで、名物のマグロを堪能してから、城ケ島へ。
突端にある城ケ島京急ホテルからは海越しに富士山が大きく見える。まさに絶景。翌朝チェックアウトすると、マネージャーが「インターネットでお申し込みのお客さんへのサービスです」と、冷凍したマグロのカマ4本を下さったので大感激。
横須賀のペリー上陸記念館を見てから、九里浜からフェリーで房総半島の金谷に渡る。保田漁港直営の「ばんや」で新鮮な魚介類を堪能。ばんやは数年前に来た時より広くなっていて、相変わらず大盛況のようだ。ばんやから500メートル程の所にある菱川師宣記念館で美人画を見てから、九十九里をドライブ。埴輪街道をひた走り、成田空港を抜けてつくばの自宅へ戻る。

3月にはアルゼンチンの茨城県人会50周年式典が水戸庁舎で行われ、私達夫婦も招待されて出席。我が家へもウンベルト、リカルド兄弟が訪ねて来て下さり、つくば市の料亭「花まさ」で懐石料理をご馳走した。
アルゼンチンで交換授業をしていた、我が代理息子のマキシもやって来た。我が家に1泊した後は東京の格安ホテルに1カ月泊って、日本を満喫して帰ったようだ。同じ時期に鹿児島大学で准教授をしている我が家の息子が、7人の学生を連れてやって来て、数日泊って行ったので、3月はてんてこ舞いだった。

7月3日から8月3日まではアメリカへ。夫と二人、シアトルで数日孫達と遊んだ後7日にニューヨークへ。7月7日朝7時に二女が二人目を出産。9日から1泊でマサチューセッツ州ロングメド―に住む知人宅へ。コネチカット州とニューハンプシャーに住む知人達も駆けつけてくれて楽しい再会を果たす。

8月下旬は鬼怒川温泉へドライブ旅行。「あさや」と言う、関東一バイキングが美味しいと評判のホテルで、評判通り美味しい料理を堪能し、屋上露天風呂からの素晴らしい眺望に大満足。
9月はタンゴクラスの合宿で国民宿舎九十九里ホテルへ。サザエの壺焼きがお代わり自由で、生まれて初めてサザエをたらふく食べてご満悦。
私は帰国後つくば市で又、アルゼンチンタンゴを習い始めた。マリポサと言う会で、我孫子を拠点とし、踊りの他にも色々活動している。つくば市でも教室があるので入会したのだ。

10月下旬は九州一周バス旅行の旅。飛行機で大分まで行き、大分、福岡、宮崎、佐賀、熊本、長崎をバスで駆け巡る4泊5日の旅で、全食事つきで一人6万円の格安旅行だったが、内容は充実していた。

11月にはタンゴクラスの発表会。付けまつげをつけ、歌舞伎役者みたいなメークをされて踊ったが、ベテランのはずのパートナーがステップを間違えて散々な目に。大恥かいたが、お化けメークのお陰で、誰にも私だとは見破られなかったのが幸いだった。

さて本年2013年は・・
1月16日より8日間、イタリア一周旅行に行ってきます。
by ruriwada | 2013-01-10 09:36 | Comments(0)