ハッスルおばあちゃんのアルゼンチン日記


by ruriwada

<   2010年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

25日、我が家のお助けマンことオスカル夫婦を食事に招待したら、息子のクリスチアノがついてきた。クリスチアノは13才にして早くもグルメで、食べ物に大いに興味があり特に味にうるさいそうだ。家でも時々料理をするらしい。
今夜は我が家で日本料理が出ると知って、サッカーに次いで好きなファミコンを放り出してついて来たのだそうだ。オスカル夫婦が持参したワインを早速食事に出したら、これがまためっぽう美味い。
「わあ、おいしい!」と思わず言うと、クリスチアノがにっこり。何とクリスチアノが店で「魚料理にはこれが一番だ」と選んでくれたのだそうだ。
う~ん・・さすがワイン王国アルゼンチン。まいった。13才のソムリエに脱帽。
オスカルは日系2世。奥さんはアラブとイタリアとスペインのミックスだそうだ。クリスチアノは母親似で完全にヨーロッパ系の顔立ち。13才と言えばそろそろ反抗期に入る頃で、日本の同年令の子なら父親を煙たがる年頃だが、この父と息子はとても仲が良く、時々父親にくっついて我が家にもやって来る。
一般にアルゼンチンの家族は実に親子仲が良い。空港などでも15才位の女の子が父親の膝に乗って甘えてるのを見かけたことがある。クリスマスイブには若者達は家で食事をした後、仲間達と出かけるのだそうだ。
アルゼンチンでは腹が立ったり呆れたりの連続だが、この家族の仲の良さは素晴らしい。弱者への思いやりも健全だ。乗り物でも、どこかの国の様にシルバーシートなど必要ない。妊婦や年寄りや赤ちゃん連れが乗ってくれば、条件反射の様に周りの人達が席を譲るのだ。
「アルゼンチンは麻薬のようだ、一度その魅力にはまると、のめり込んでしまう」、と聞いたことがあるが(私もその一人らしい)、ラテンの人情味の濃さがそうさせているのかも。
f0135018_2117539.jpg


街中風景。7月9日通り。ブエノスアイレス市内で最も巾の広い大通り。駆け足で渡らないと途中で信号が変わってしまう。
ところで、明日(28日)から6日間、チリの最南端へバカンスだよーん。したがってブログもしばらくお休みでーす。
by ruriwada | 2010-01-27 21:24 | Comments(0)
12月初めにアメリカに航空便で送った荷物が1カ月以上たっても届かなかった話を先日書いたが、郵便局に苦情書類を提出してから4日後にニューヨークにプレゼントが届き、その3日後にシアトルにも届いた。
アルゼンチンのどこかの倉庫に忘れられていたのを、探し出してあわてて送ったのだろう。あるいは、局員が故意に隠していて、苦情が来なければネコババしようとたくらんでたのかも。
某大使館の友人のケースでは引っ越し荷物を船便で送ったら、中身が全部新聞紙にすり替えられていたと言う。しかも義母の位牌までなくなっていたそうだ。まさか売り払うつもりでは・・
二、三日前、郵便局から「荷物が無事宛先に届いた。これからもよろしく」とバカ丁寧な手紙が届いたが、謝罪の言葉は一つもない。
アルゼンチンでは謝罪の言葉を期待しても無駄。何しろ言い訳の天才なのだから。
ならぬ堪忍するが堪忍・・・。この国にしばらく住めば忍耐強くなるのは必定。
f0135018_2132582.jpg

                         トヨタの販売店
 先日散歩中にトヨタの店を見かけた。ブエノスアイレスの郊外にトヨタの大きな工場があるのだ。車と言えば、日本のパジェロ。これは絶対にスペイン語圏では乗れない。このパジェロ(スペイン語の発音だとパヘロだけど)は、とても口には出せない卑語なのだ。
ブエノスアイレスには日本のykkもあるのだが、こちらの発音では「イー・カー・カー」イーは「そして」カカは「ウンチ」
聞いた人は皆一瞬、にやりとする。逆に日本人が笑ってしまうのは、マル・デ・アホ。そんなアホな、なんて言わないで。これは本当にある地名なんだから。他に、牝牛がバカ、雄牛がトロ、つまりアルゼンチンにはバカと、トロいのが一杯いるってこと。 
by ruriwada | 2010-01-25 21:36 | Comments(0)
夫が18日にサンルイス州メルローから、夜行バスで帰って来た。早朝の長距離バスターミナルには100台位のバスが、ターミナルに入る順番待ちしていたそうだ。私も以前見たことがあるが、カラフルな二階建てのバスが連なって、ノロノロ動いてる様子はまるでイモ虫だ。
夫は治安の良いメルローにしばらくいたせいで、ブエノスアイレスの生き馬の目を抜くせちがらさを、とんとお忘れだったらしい。ターミナルからタクシーに乗ったら、8ペソ位の距離なのに、18.5ペソ請求され、おまけに荷物を下ろすのを手伝ったからチップをくれと言われ、結局20ペソ払ったそうだ。
普段から新来者に会うたび「ラジオタクシーを使え」と先輩ぶってアドバイスしてたのに、うっかり違うのに乗ってしまったらしい。数人の知人はタクシーに乗ったとたん、両サイドから男がさっと乗り込み、有り金全部召し上げられた経験があると言う。
おまけに一人などは所持金が少なかったので、腹いせになぐられて怪我までしたのだから、少々ぼったくられたぐらいですんで良しとするか。
ブエノスアイレスに旅行予定の皆さん。タクシーは必ず車体か屋根の上にRADIOと書いてあるタクシーを利用してね。特に、ホテル周辺を流してるタクシーは最も危険ですよ。
f0135018_8423159.jpg

街角風景(市内ツアーバス。以前はめったに見かけなかったが、最近毎日見かける。観光客が増えたのだろう)
by ruriwada | 2010-01-22 08:45 | Comments(0)
前回ブエノスアイレス滞在中、自宅で2人(I さん母娘)、日亜学院の教室を借りて5人に日本語を教えていた。今回もアパートに入居直後から、I さんが毎週1回やって来られる。
5人グループの方は日亜学院が夏季休暇中で教室を使えないのと、1~2月はバケーションに出かける人が多いし、3月は私が一時帰国するので、4月からということになっている。
それでも時々5人グループと会っている。
16日には我が家でこの5人と1品持ち寄りのランチパーティをした。全員日系2世の50代~70代の女性。若い時に1世のお母さんから和食の作り方を習ったが、当時は材料が手に入らず、やっと手に入るようになった時にはもう母親はいない、という訳でレパートリーが少ない。
キンピラゴボウとヒジキの煮物を作ったら、名前だけは知っていたが、実物を見たのは初めてだそうで、パーティーは料理教室に早変わり。
ブエノスアイレスには日本料理店と称するレストランが沢山あるが、1世のコックがいる店は少なく、大半は「日本食もどき」だ。時々「え?これが日本食?」と首をかしげてしまうものもある。
個人が子孫に伝えられる物は限界があるから、移民が持ち込んだ文化は2,3世代で消えるか変化してしまうようだ。
5人とも日本語はかなり話せるが、漢字は殆どダメ。日本から持参した小学校1年生のテキストを上げたら、全員声をそろえて「せんせい、むずかしすぎまーす。ようちえんのがいいです」
「残念でした。幼稚園のテキストはありませーん」で、皆で大笑い。
f0135018_2123159.jpg

               5人の元生徒達が連れて行ってくれた古いカフェ。引き出しごとに種類の違う
               お茶の葉が入っている。まるで日本の昔の薬問屋みたい。
I さんはブエノスアイレス大学の建築家の教授で、特に製図が専門なので、漢字の形に興味があるとのこと。
50年前、加賀の前田家の子孫から、石川県人会に届いた手紙を読んでくれと頼まれた時は大変だった。巻紙に達筆な毛筆で書かれた手紙で、難解で、しかも聞いたこともない熟語が多い。
インターネットと電子辞書をフル活用しながら、たった800字程の手紙を読んで理解するのに1時間もかかってしまった。内容はただ「気候の挨拶とお世話になったことへのお礼」だけ。
こんな簡単な内容を、昔の日本人は持って回ってややこしく書いていたのかと、あきれたが、教える事は学ぶことだと実感した。
日系人の人達と深く関わるようになって、逆に日本の文化に興味を覚え、漢字や古い諺を勉強し直す毎日だ。
f0135018_2128761.jpg

私が住んでるアパート。右手がリベルタ通り、左手がアヤクーチョ通り。角のスタンドは              新聞や雑誌を売ってる。
by ruriwada | 2010-01-20 21:36 | Comments(1)
16日の夕方、我が家のお助けマンことオスカルがやって来て、換気扇を直してくれた。もっともこの換気扇はオスカルが新しいモーターを取りつけてくれた時、コードをガス台の上のはじっこを通したため、焼け切れてしまったのだ。今回は火が当たらない内部を通してくれたから大丈夫だろう。
オスカルについでにパソコンをみてもらった。夫のパソコンはケーブルでつなぎ、私のは無線LANで使っていたのだが、数日前から私のがインターネットにつながらなくなってしまった。数人の日本人のパソコンおたくに電話で相談したが誰にも原因が分からなかったのだ。
オスカルがインターネット会社と電話でやりとりした結果、インターネット会社のミスで、会社のワイファー(無線ラン)使用者登録名簿から夫の名前が消えてしまったのだそうだ。今日(月曜日)インターネット会社から来てくれる予定(これが当てにならない)。
オスカルは日系2世で、不動産屋から頼まれて日本人客にアパートを斡旋している。誠実で、電気系統、大工、配管なんでも器用に直してくれる。大家さんも最初はアルゼンチン人の修理屋に頼んでいたのだが、彼らだといつになるか分からないから、最近は「困った事があったら、すぐオスカルに電話して」と言う。
なにしろ、ここの人達は何か頼むと「マニャーニャ(明日)」または「マス・タルデ」と言う返事が返って来る。明日は、3日先か10日先か。マスタルデに至っては果たして本当に来てくれるのか分からない、ということ。
オスカルの日本語は私のスペイン語と同レベルだから、時々二人で「?」「?」
今回もオスカルが「月曜に郵便局が来る」と言うので「何で郵便局が来るの?」
「・・・・インターネットのことで」「あ、電話局ね」「シー、シー(イエス、イエス)」
f0135018_21292631.jpg

                        リベルタ通りを行く騎馬警官隊
f0135018_213036100.jpg

     騎馬警官隊本部
by ruriwada | 2010-01-18 21:32 | Comments(0)
1月11日の在亜日本大使公邸での新年会に招待された。夫が8日から2週間サンルイス州メルローに出張中なので、行こうか行くまいか迷ったが、迷った時はやる、というのがモットーだから一人で参加した。
アパート前で拾ったタクシーの運ちゃんがやけに親切で、観光案内をおっぱじめた。前に住んでたからとやんわり断ると、今度は何しに行くのか(アルゼンチン人はプライベートな質問をよくする)、こんな時間に(7時)パーティやるのか、食事は出るのか、日本人は何時に夕食を食べるのかと、質問攻め。
6時から7時ぐらいの間に食べると言うと、素っ頓狂な声を上げ、自分は夕食はいつも11時だと言う。日本じゃ10時にはレストランが閉まっちゃうよと言うと、首をすくめて「日本にはとても住めない」
パーティは庭で行われたが、蚊が全然いない。デング熱が流行っているので薬を散布したらしい。参加者の大半は日本人又は日系人で、私はアルゼンチン滞在3年目なので、かなり多くの知人がいた。
帰りは同じタクシーを呼んでもらうと(下りる時電話番号をきいておいた)、15分待ってくれとのこと。大使館のY氏が、「どうぞお座りになってお待ち下さい」と言って下さったので、受付の椅子に座っておしゃべりしながら待っていたら、帰る人が皆、「どうもありがとうございました」と、私に挨拶するので、Y氏と二人で笑ってしまった。
f0135018_8103978.jpg

                       日本大使公邸でのパーティ
帰りのタクシーの中でも又質問が始まり、何を食べたかと聞くので、答えていたら途中で運ちゃんが吹き出し、「エムパナダ(アルゼンチン名物の餃子みたいな料理)は美味しいけど、エムバハダ(大使館)は食べられないよ」と、大笑い。どうやら私が間違えて言ったらしい。私も釣られて笑ってしまった。
料金は26ペソ50センタボだったが、50センタボまけてくれた。タクシーで余分に請求されたことは度々あったが、まけてもらったのは初めてだ。ブエノスアイレスのタクシーで被害にあった人を大勢知っているので、こんな良い運転手さんもいるんだと、うれしくなってしまった。
by ruriwada | 2010-01-17 08:12 | Comments(0)
2010年1月13日
バンコ・セントラルに総裁が返り咲き一件落着と思ったがそうはいかなかった。今や大統領、議会、バンコセントラルが三つ巴の争いを繰り広げているようだ。ようだと言うのはテレビを見ているだけでは私には良く分からないからだ。時々日系人の友人に日本語で説明してもらってやっと分かるのだから情けない。
一方我が家の方も、暮れに全て故障が直って喜んでいたのだが、ここにきて又トラブル続きだ。電灯が4カ所つかなくなり、台所の換気扇がパチッと言う音とともにショートして不能、昨日から私のパソコンが夫のパソコンからの無線を使えなくなり、現在、他人の漏れ電波を拝借して、このブログを送信するところ。はあ~(ためいき)
f0135018_6475846.jpg

                  街角風景(左が英国塔、右がシェラトンホテル)
by ruriwada | 2010-01-14 06:50 | Comments(0)
ここ数日、クリスティーナ大統領とバンコセントラル(日本で言えば日銀)との喧嘩が一日中テレビの画面を独占していた。
大統領がカンポ(農業者や牧畜業者)との話し合いに応じようとせず、カンポのストライキが続き、アルゼンチンの経済は大打撃を受けた。
外国から金を借りようとしたが、これまでの借金を払っていないので借りられない。そこでバンコ・セントラルから金を出させようとしたのだが、バンコ・セントラルの総裁が拒否。
頭にきた大統領は総裁罷免の権限がないのに、色々手を回して罷免してしまった。当然、総裁は辞任拒否。議会が介入して総裁が勝利。クリスティーナは自分が汚いことをやったのを棚に上げて、「汚いやり方だ」とテレビで気炎を上げていた。
大統領が就任して2年間に、大統領の資産は2倍になったと言われている。国民は物価上昇にあえいでいると言うのに、大統領は私腹を肥やすことに時間を費やしていたらしい。
前回私達がブエノスアイレス滞在中に、アルゼンチン初の女性大統領として、華々しく登場したクリスティーナだが評判がすこぶるつきで悪い。
評判が悪いのは国内だけではなさそうだ。
過日スペインでラテン語圏の国際会議が開かれたが、クリスティーナは会議にいつも30分遅れ、他国のひんしゅくをかったそうだ。
しかもスペイン王との約束にも40分遅れ、スペイン国民はカンカンだったとか。いつもアルゼンチン人との約束に待たされてる私は、これには思わず笑ってしまった。
f0135018_1372395.jpg

               街角風景(サン・マルティン広場で踊る人々)
by ruriwada | 2010-01-10 01:42 | Comments(0)
2010年1月7日
12月の初めにニューヨークとシアトルに住む二人の娘あてに、書留航空便でクリスマスプレゼントを送ったのに、一か月以上たってもまだ着かない。とうとう今日、夫が日本への航空便を出しに行くと言うので、ついでに聞いてみようと、受け取りを持って行った。窓口嬢はテレビモニターで検索した後、受け取りの裏に電話番号を書き、ここに電話して聞いてみろと言う。
彼女の説明が良く分からないので、英語でお願いしますと言ったら、別の窓口の女性が来て、英語で分厚い書類とじを差出し、これに記入してクレイムしろと言う。
ところが宛先の住所を書いた物を持っていなかったので、夫が家に取りに戻った。その間に私が書ける範囲だけ記入し始めたのだが、夫が戻って来ない。
一時間ほどしてやっと、何とタクシーで戻って来た。家から500メートルの距離なのに道に迷ってしまったのだそうだ。まったくもう!迷う方が難しいと思うけど・・・
さて、記入して差し出すと、英語じゃだめだ、全部スペイン語で書き直せ、だって。やれやれ。スペイン語で書き直して出すと、今度は内容品の書く場所が違うと又返され、結局2時間かかって終了。
受け取りを渡され、調べてなんとかかんとか、郵便局員が来たら渡せ、と言うが、良く分からない。英語の話せる窓口嬢は昼食休憩に入ったらしく見当たらないので、あきらめて帰宅した。
無事届くのか、書留料金が返って来るのか、はてさて、神のみぞ知る・・。
荷物を受け取る時も難行苦行を覚悟せねばならない。2キロ以上の荷物は全部税関まで取りに行かねばならないし、2キロ以内でもアトランダムに税関に回されてしまう。
以前、娘がセーターを送ってくれた(2キロ以内)のだが、税関から「宛名本人が取りに来い」と通知が来た。夫宛だったので、夫は仕事を休み、二人で受け取りに行った。
税関は古い建物でトイレは壊れ、うす暗く、順番待ちの人で溢れかえっていて、まるで難民収容所だ。
先ず最初の部屋で1時間待たされて書類を渡され、次の部屋で税関から届いた手紙に書かれた番号が読み上げられるのを待つのだが、これが8ケタ位ある。おまけに一度しか呼ばないから大変。
スペイン語の数字を良く聞き取れないから、夫が前の半分の数字、私が後半を見ながら、必死で耳をこらす。2時間ほどしてやっと受け取った時にはくたくたで、もうこりごり。娘たちや友人達には「何も送らないで」と宣言したのだった。
f0135018_946750.jpg

               街角風景(メドラノ通り。セントロ日系のそばの新しいアパート群)
f0135018_9492338.jpg

     セントロ日系の入ってるビルだけが古めかしい。
by ruriwada | 2010-01-08 09:56 | Comments(2)
昨日3日は猛暑で出歩く気になれず、家の中で一日中グータラしていたら、突然下から大騒ぎが聞こえてきた。片側6車線の全線をふさいで自転車群団がゆっくり走り、背後の自動車が頭にきてクラクションを一斉に鳴らす。すると自転車の連中が大声で奇声を上げ、その賑やかなこと。
この光景はこれで2度目だ。何かの示威行動なのか単なる若者たちのおふざけなのか。いずれにしても交通渋滞を引き起こし、大迷惑だ。アルゼンチン男性はとかく人目を引くことが好きで、人前でパフォーマンスを御披露するのが大好き。言って見れば孔雀のオス。女性の方は乙にすましてるのが多い。
f0135018_49136.jpg

                  6車線全部を占拠して走る自転車群
ところでアルゼンチンでは猛暑の翌日は雨と言われているが、案の定今朝は大雨だった。雨が止んでから旅行会社のトラベルニュージャパンに出かけた。片道1・5キロだが健康のために歩いて出かけたのだが、ブエノスアイレスの道路の水はけが悪く、大雨が降ると車道はたちまち川のようになってしまう。
歩道を歩いていていると突然バスからバシャッと、もろに水しぶきをかけられ、全身ずぶ濡れ。水も滴る良い女、と言いたいところだが、こちらはすでにドライフラワー。水にぬれては困る。
なぬ?水がしみ込んでシワが伸びただろうって?失礼な。(これはうちの亭主が言いそうなことなのだ)
運転手に文句を言いたいが、言い訳の言葉をとっさに百は言えると言われるアルゼンチン人が相手では文字通り水かけ論になりそうだから、ここはぐっと我慢して水に流すことにした。
by ruriwada | 2010-01-05 04:15 | Comments(0)