ハッスルおばあちゃんのアルゼンチン日記


by ruriwada

<   2008年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

瑠璃通信54 野火

 アルゼンチンの野火はまだ続いている(25日現在)。一時下火になって、ブエノスアイレス市内にも久しぶりに青空が戻ったのだが、またまた風向きが変わって煙が戻って来た。煙はアパートの中にも入り込み、こもってしまうのか、外から帰って中に入ると、焦げ臭い臭いが鼻をつく。
目はショボショボ、喉はヒリヒリ。このまま行けばスモークサーモンならぬスモーク人間になりそうだ。クリスティーナ大統領様、どうにかして下され。
先月の牧畜業者のストをはじめ、政府は農業従事者とケンカ中だからなのか、今回のカンポ(田舎)での野火に政府の対応は実に冷たい。火付け犯人は2人逮捕されたものの、消火は地方の小さな消防署にまかせきりで、政府が軍や警察を派遣して手伝い始めたのは、燃え始めてから10日も経ってからだ。
f0135018_2341626.jpg

        煙に巻かれる牛達。モーいやーなんて言ってるかも
煙で視界が効かず交通事故が多発、あちこちの幹線道路が交通止めになったり、飛行機がキャンセルされたりしてるが、庶民はいたってのんびりしている。空港でも文句を言ったり怒鳴ったりする人は皆無。
アルゼンチン人によると、空港や飛行機会社などのストなら文句を言うが、今回のは自然災害みたいなものだから、騒いでもしょうがない、そのうち雨が降って消えるさ、だって。
そのくせ、フットボール(サッカーのこと)となるとガゼン人が変わってしまう。ライバルのリベルとボカは試合の度にファン同士殴りあいだ。日頃女性に優しく紳士的な若者達からは想像もつかないが、情熱が人生の全てみたいな人種で、直情径行型だから、血が騒ぐのかも。
テレビも野火とフットボール関連ニュースを同じウェイトで放映している。いや、まだ燃えてるのに、もう飽きたのか、昨日あたりからはフットボールの方が優先されてる感じだ。
てなわけで、今回はブエノスアイレスの現況報告でした。
f0135018_236277.jpg

          サッカー場の見物客達
by ruriwada | 2008-04-25 22:54 | Comments(0)
4月18日、朝8時半発の飛行機で3日間のコルドバ旅行に行くため、タクシーでアエロパルケ(国内線空港)へ向かった。あたり一面真っ白い霧で覆われている。この時期はブエノスアイレスは霧がよく発生するのだ。昨年、歴史的な濃霧で国際空港が閉鎖された事を思い出した。
と、急に涙が出始め、煙臭い臭いが鼻をついた。運転手はしきりに咳をしている。あ、霧じゃない。思わず「ウモ(けむり)」と言うと、運転手が「シー、シー(イエス、イエス)。まだ燃え続けてる」と言う。
数日前、ブエノスアイレスから数百キロのカンポ(農村地帯)で農民達がトウモロコシなどを収穫した後の畑地に火をつけたのが燃え広がったのだ。法律では畑を焼くのは禁じられてるが、何しろ何事にもいいかげんなお国柄だから、公然の秘密で農民達は焼いて来たらしい。
それが思いもかけず広範囲に燃え広がって最早手をつけられない状態になってしまった。煙がもうもうと地上を覆い、あちこちで自動車事故を起こさせ、道路閉鎖に追い込まれた様子を連日テレビで放映していた。ブエノスアイレス市内は数日前から煙の臭いが立ち込めている。煙は風向きによって移動する。今日はアエロパルケ上空に来たらしい。
チェックインをする時、視界が悪いので出発は3時間おくれの11時半になると言われた。仕方なく出発ゲートのある二階でゆっくり朝食をとることにした。
f0135018_21571279.jpg

   出発ロビー。いつもは窓からラプラタ川が直ぐ目の前に見えるのだが、今日は
   何も見えない
7時半に出た機を最後にゲートはクローズされたままだ。11時を過ぎても何の案内もないので、聞きに行くと、ただ「待ってろ」の答え。食事用のラウンジは満員。人々は出発ロビーの通路の壁に寄りかかって足を投げ出したり、中には横になって寝ている人も。これはアルゼンチンでは見慣れた風景。夫も郷に入っては郷の従えとばかり、通路で寝てしまった。
f0135018_2158493.jpg

       すっかりアルゼンチン人化した夫
旅行の手配をしてくれた旅行会社に電話をして状況を述べ、航空会社に問い合わせてもらって、1時間おきにケータイに連絡してもらう。
3時頃「コルドバ行き飛行機はキャンセルになりました。階下の航空会社のチェックインカウンターに行って、キャンセルの手続きをすませ、チケット売り場に行ってお金を返してもらって下さい」と連絡が来た。
全くもう!その間、空港での案内は全くなし。モニターにはどの便もただ「航空会社に問い合わせなさい」の表示のみ。
階下に下りてビックリ仰天。広いロビーはラッシュアワーの電車内みたいに人でごった返していた。チェックインカウンターはどこも押すな押すなの行列。事情の分からない外国人達が次々にやって来るらしい。どうして機が飛ばないのかの説明も全くゼロ。
f0135018_2159023.jpg

           払い戻しの順番を待つ人々
要領よくチェックインカウンターに割り込み(こう言う時チビは割り込んでも目立たないから得だ)、ケータイを旅行会社にかけ、それをカウンターの係りに代わってもらい、その後、手続きの方法を旅行会社の人から日本語で説明してもらう。
全く、日常会話は何とか通じても、こう言う突発時には一苦労だ。その後預けた荷物を引き取り、払い戻しカウンターに並ぶ。ここで1時間待ち。待っている間にやっとアナウンスがあり、キャンセルになった便名を次々読み上げている。
朝6時半に家を出て、家に戻ったのが午後5時。コルドバに行くはずが空港見学一日ツアーになってしまった。因みに国際空港の方は煙が少なく通常通りの運行だったそうだが、道路閉鎖はあちこちであったらしい。
今日(14日)、火はまだ燃え続けているそうだ。我がアパートの中まで焦げ臭い臭いが漂っている。
by ruriwada | 2008-04-21 22:02 | Comments(0)
 日本の冬は南米では夏。ご存知カーニバルの季節だ。アルゼンチンも勿論例外ではない。2月に入ると、ブエノスアイレスでも毎週週末にはあちこちのカジェ(通り)でカーニバルが行われた。始まるのが夜の10時過ぎだし、どのカジェで行われるか、直前にならないと分からないから、なかなか見に行けないでいた。
エントレリオス州の、グアレグアイチュと言う、舌を噛みそうな名前の町で、アルゼンチン最大のカーニバルが行われると知って、早速友人2人も誘い、夫と4人でツアーに申し込んだ。
エントレリオス州はブエノスアイレスの隣の州で、ラプラタ川の上流に当たる水が豊かな農業地帯だ。車窓から地平線まで続くヒマワリ畑、トウモロコシ畑、大豆畑などが次々に見えてくる。イタリア系移民の入植地だそうだ。
ブエノスアイレス市内のオベリスクを2時に出発して、途中30分のトイレ休憩を含め、夕方6時頃、グアレグアイチュの町に到着。大きなイベントなど行われれそうにもない小さな田舎町だ。ミニバスは街中を素通りして川岸にある広場に駐車。自家用車、大小のバスがぞくぞく詰め掛けて来る。
川近くのレストランで夕食。9時に集合して又車に乗り、パレード会場へ向かう。会場は配線になった列車の線路あとだそうで、1キロメートル(多分)ぐらいの距離を約30分の休憩をはさんで3回パレードが行われる。
f0135018_23362897.jpg

見物席は会場をはさんで両側に階段状に作られている。観客数は数万はいただろう。踊り子の数も千人は優に超えていそうだ。踊り子達の女性はほとんどTバックにトップだけを隠したブラジャーのようなものを身に着けただけ。男性は上半身裸、下はトランクスだけ。その上から思い思いの派手な飾りを着けている。全員小麦色のてかてか光る体から玉のような汗が滴り落ちている。躍動的で実に美しい。
f0135018_23371950.jpg

山車は高さも大きさも日本の神輿の数倍はありそうな巨大な物で、エジプトの壁画風なのやら、キリスト教の故事に因んだらしいもの等、派手な飾り付けで、その上のあちこちで踊り子達が踊っている。
f0135018_2337556.jpg

目もくらむような高さの、しかも半畳ほどの広さしかない台で踊っているのだから、見てるだけでヒヤヒヤする。踊り子達の大半は町の普通の青年男女だが、さすがに高所で踊ってるのはプロだそうだ。
f0135018_23383234.jpg

一方観客の方も負けてはいない。手近にある物何でもかも打ち鳴らし、笛を吹き、手打ち足踏み鳴らし、ほとんどもうトランス状態だ。
踊り子達に合図すると側に駆け寄って来て、手すり越しに身を乗り出して、頬にキスをしてくれたり、ツーショットに応じてくれたりする。女性は男性の踊り子を、男性は女性の踊り子を呼び寄せるのに競走だ。私と友人の女性も夢中になって仲間入り。何枚かツーショットを撮ってもらった。勿論写し手は同行の男性と夫。
f0135018_23385770.jpg
さて2回目のパレードが終わって休憩時間になると、同行の友人2人はどこかへ姿を消し、夫もトイレに行って、私一人で座っていた。すると一人の青年が急に寄って来て、何か話しかけながら握手を求めるので私も気軽に応じた。と、いきなりハグ(抱擁)され、頬にキスされ、無理やりツーショットを撮らされてしまった。周囲から「オー」と言う歓声が上がる。
面食らっていると今度は、階段を2段下りて片膝をつき、バルコニーにいるジュリエットに恋を捧げるロミオよろしく、私を見上げながら片手を差し伸べて「テ キエロ!」(あなたが欲しい、とか、愛してると言う意味)
エエツ?!仰天して目を白黒させていると、スペイン語が分からないと思ったのか、今度は英語で「アイ ラブ ユー!」と叫ぶではないか!スタジアムはしーんと静まり返ってしまった。
さすがにこれはまずい。とっさに「テンゴ マリド(夫がいる)」と言うと、友人らしい人達が「ダンナがいるって言ってるよ」とか何とか言うのが聞こえ、ご当人はショックを受けたのかポカーン。「孫もいる」と付け加えようかと思ったが、これ以上ショックを与えたら可哀そうだから止めておいた。
と、そこへ夫が戻って来たので、あわてて「私の夫」と紹介すると、青年は名誉挽回とばかり夫に握手を求め、固唾を呑んで見守っている観衆に向かって何やらスピーチをした。周りから一斉に拍手が起こる。
青年が何を言ったか理解できず(私もだが)、一部始終を見ていたらしい夫は仏頂面で「おい、帰るぞ。早くしろ」と、さっさと出て行く。
「チャオ」と言って私もあわてて後を追ったが、しばらくして振り返ると、青年がしょんぼりとこちらを見ていた。それにしてもこのおっちょこちょいのロミオ君。いくら薄暗い中で私が若く見えたとは言え、66才のジュリエットはちょっと年の差がありすぎだよ。
でもほんと、アルゼンチンて楽しい国だなあ。
因みにパレードの終了は午前3時。ツアーなので先に帰る訳にはいかず、私達は会場を出た後、車の中で待っていたのだが、ブエノスアイレスのアパートに着いたのは朝の8時だった。フー。
by ruriwada | 2008-04-11 23:46 | Comments(4)