ハッスルおばあちゃんのアルゼンチン日記


by ruriwada

瑠璃通信2部 152 パンチョとチョリパン

ドルをペソに替えてもらいに家の近くの銀行へ行った。半年前に行った時には支払い窓口は外から見えていたが、衝立が立てられ見えないようになっていた。何か事件でもあったのかも。
銀行と言えばつい最近、古札を裁断する部署の行員数人が逮捕された。監視カメラが古札をネコババする場面を連日テレビで放映していたけど、全員グルじゃなくちゃ出来ない犯行だよね。、これまでどの位ネコババしたのか分からないらしい。
どうしてばれたのだろう?あほな連中のことだから、大金が入って嬉しくて、つい身内や友達にしゃべっちゃったのかなー?
6月8日
午後2時半から4時半まで、Iさんの日本語クラス。NHKの大河ドラマを良く見ているそうで、切腹は今でもやるのかと聞かれて唖然。土曜クラスの7人からも同じ事を聞かれたことがある。全員日系2世でこれだから、ましてや他のアルゼンチン人の日本のイメージは推して知るべし。
夜は8時からタンゴクラスのお別れ会。メンバーの中で唯一セニョリータのAさんが帰国することになったのだ。
場所はポサダ通りとカジャオ通りの角にある、サンフアン料理を出す「サン・フアニーノ」
安くて美味しいと評判で、昼時など行列が出来てる事がある。我が家から歩いて5分なので何度か行った事があり、地下があるのは知っていたが、こんなに広いとは知らなかった。地下室はワイン蔵の様な造りの、風情のあるレストランだ。
f0135018_5243145.jpg

モンドンゴと言う臓物の煮込み料理を初めて食べた。ロクロよりあっさりしていて美味しい。エンパナダも沢山種類があり、ロックフォール(青かびチーズ)のとトウモロコシ入りのとを食べたが最高に美味しいエンパナダだ。その他、ひき肉とトウモロコシをトウモロコシの皮で包んで蒸したタマレーロも食べたが、これまたグー!
f0135018_5274177.jpg

                                         タマレーロ

ところで食べ物と言えば、スペイン語系の国ではホットドッグをそのまま直訳して“ペロ(犬)カリエンテ(熱い)”と言う国がある。なんか可笑しいよね。でもアルゼンチンじゃ
何故かパンチョ。それじゃ、チョリパンってなーんだ?・・・
答は普通のソーセージじゃなく、アルゼンチン名物チョリソーをはさんだパンの事。
肉汁と油脂をたっぷり含んだソーセージで人の足の親指ぐらいの太さがあり、アサドやパリジャ(焼肉料理)には必ず登場する。実に美味しいけど、脂分が多いので、メタボ族は要注意。
f0135018_5312196.jpg

                    サンフォアニーノのハウスワインはこの容器で出される
6月11日
12時から我が家で送別会。お客さんは3人で(4人招待したけど、当日一人は体調不良で欠席)、全員独身女性。夫は二、三日前から怖じけづいたらしく「俺は時間つぶしにどこかへ行くから、女性だけで気軽に話せば」と言い出した。
「何言ってるの?自分が言いだしっぺで、しかも自分の仕事仲間じゃないの」と叱咤激励(?)して、今日に至ったんだけど、いざとなれば酒好きな夫のこと、上機嫌で女性達と飲み合う。
それにしても若い日本女性達の飲みっぷりは豪快だ。私はビールコップ1杯とワイン1グラス以上は飲めないけど、夫と3人の女性でワイン数本を空にした。他にもビールを数缶。結局6時まで飲んだり食べたり。
夫はと言えば、途中から話題が”男“の事になったとたん、ソファーで眠ってしまったが、どうやら狸寝入りだったらしい。ハハハ。
Commented by 眞琴 at 2011-06-29 21:32 x
日本の夏至が、アルゼンチンでは冬至なのね。
日本はまだ6月だというのに、うだるような暑さ。38度になったりしてる。
6月の最高気温を更新しているよ。
元気そうですね。これから寒くなるでしょうから、身体に気をつけて、又、楽しいブログを書いてください。待ってます。
by ruriwada | 2011-06-17 05:37 | Comments(1)