ハッスルおばあちゃんのアルゼンチン日記


by ruriwada

瑠璃通信2部 58 ヒョウ

2週間ほど前ブエノスアイレス郊外のビセンテロペス市とサンイシドロ市に時ならぬヒョウが降った。しかも卵よりも大きかったらしい。ピンクパンサーも真っ青になったりして・・え?ヒョウ違いだって?こりゃまた失礼。
ビセンテロペスに住んでるIさんの話だと、「テレビを見ていたら、突然屋根の上でハンマーで殴りつけるような、続けて風船がはじけたような、、ドンドンパンパン、ド派手な音が始まった。びっくりして外を見たら、庭にこぶし大の白い塊が、紙くずを散らばしたように無数に転がっていた。車の窓ガラスは割れ、屋根の片側全面の瓦が割れてしまった」
そうだ。-
修理を頼む電話をかけ続けたがつながらない。やっとつながっても人出不足で2週間先まで順番待ち。緊急ニーズを足元に見て資材価格が暴騰、まさに踏んだり蹴ったりだったらしい。
そう言えば日本でも江戸の大火の時、紀伊国屋文左衛門みたいな材木商が大もうけをした。
洋の東西を問わず、困ってる人達をしりめに大もうけする輩が必ず出て来るんだね。
何とも嘆かわしきは人間のさが。
応急処置に屋根をビニールシートですっぽり覆ってもらったが、私の家に来る時、列車の窓から見たら、軒並みビニールシートでおおわれていたんだって。
ところでクリスティーナ大統領の住まいのあるオリボスもビセンテロペスだから、もしかして屋根に穴が開いたかも。でも修理に順番待ちって訳じゃないだろうなあ。抜け目のない彼女の事、逆に資材を買い占めて大もうけをしていたりして・・・

ブエノスアイレス市内は2月は大雨続きで大変だったけど、最近は快晴続きで、毎朝窓から見事な朝焼けが見られる。現在、日の出は7時20分。夫はにわか写真家に変身して、毎朝カメラをかまえて日の出直前の朝焼けと日の出の瞬間を撮っている。
私も釣られて一枚パチリ。
f0135018_8145480.jpg

                      我が家の窓から見た朝焼け
f0135018_816615.jpg

街角風景。カフェテラスの椅子に取り付けられてるチェーン。背中に置いたバッグを盗まれるケースが多いので、その対策らしいけど、カッターでバッグの紐を切られたら簡単に持って行かれるから、あまり意味ないと思うけどなあ・・
Commented by よいこ at 2010-05-07 07:42 x
 こんにちは。この椅子最高ですね。ヒョウの話も面白いです。朝焼けいいですね。
 よいこは6月15日に日本をでます。ブエノスに着いたころハッスルさんはガラパゴスですね。いいなあ。ガラパゴスからお帰りになったら一緒にお茶でも飲んでくださいね。楽しみです。
Commented by ruriwada at 2010-05-08 06:17
いつもコメントありがとうございます。息子さんはどこに住んでおられるのですか?私はレコレタの墓地のすぐそばです。ガラパゴスから帰ったらお茶しましょう。うちにも来て下さい。
Commented by misapapa at 2010-05-08 20:57 x
こんにちは。昨日帰国しました。今回の主目的はエスコバルの妻の実家に滞在する事でしたが、久しぶりに妻の両親や、最近結婚した弟と会って楽しく過ごせました。サンイシドロは、エスコバール滞在中に弟夫妻がサンイシドロ駅内のお土産屋につれて行ってくれました。修復後だったのか、駅周辺ではヒョウの影響はみられませんでした。お土産屋はボカやフロリダ通りとちがって、オリジナルのものが多く、値段も安くて妻が気に入って、帰国直前のブエノスアイレス市滞在中にもレミースで往復して買い物しました。今回、アルゼンチン滞在中に一般のスーパー(jumbo)でも買い物しましたが、物の値段が日本と殆ど変らない(高い)のにはビックリです。
Commented by ruriwada at 2010-05-09 19:29
アルゼンチンを楽しまれたようで、良かったですね。エスコバールには親しい友人がいて(小池さん)何度も行った事があります。ヒョウの被害に遭ったのは、瓦屋根のある古い一戸建ての家だけのようです。車の窓はどこでもひどかったようですが・・確かに物価は、ここの平均給与からみるとずいぶん高いです。食物だけが比較的安いので、暴動が起きないのかも知れませんね。
by ruriwada | 2010-05-05 08:19 | Comments(4)